So-net無料ブログ作成
検索選択

うつ病とストレス [うつ病と女性ホルモンの関係]

こんにちは、りんです。

本日はうつ病とストレスについてお話したいと思います。

本日は、主に私の体験談から、うつ病とストレスのお話をさせて頂きます。



スポンサーリンク




現代社会、ストレスを感じない世の中があるのでしょうか。ストレスとは、喜怒哀楽で例えると、怒哀の部分に当たるのではないでしょうか。

怒る時、哀しむ時、ストレスは感じませんか?
喜び、楽しさを感じる中でストレスを感じる事は少ないでしょう。 ストレスは自分にとってのマイナス要素です。 そのストレスが身体に与える影響は図りしれません。 ストレスは、人間の持っている免疫力でさえ壊してしまいます。 ストレスや睡眠不足、過労が続くと人の身体には疲労物質が溜まり抵抗力が衰えます。 身体が疲れていますよ、休みましょうとサインを教えてくれているわけです。 そのサインをほっておくと、ストレスを溜め込み身体を壊すきっかけとなります。 ストレスは、身体の免疫力が落とし、風邪を引きやすくなるなど、又完治もしずらくなります。 その時の私は体中に痛みを感じていました。 それがストレスの原因とは一概には言えませんが、免疫力が低下し身体が疲れているサインを出していたのは間違いないでしょう。 毎日終電帰りの仕事の量に睡眠不足が続き、夜御飯も食べないで就寝することもしばしば、特に運動をするという事もなく、ストレスを発散するきっかけを作っていませんでした。
ストレスと共にただ過ぎる日常を送っていただけでした。
風邪も引きやすくなり、何度も熱をだしていました。
知らず知らずの内にストレスが身体を蝕ばんでいたんですね。 当の本人はというと、なぜこんなにも風邪を引くのだろうと思うだけで、自分の身体を全く労っていませんでした。
健康な生活を送っているつもりでもいました(本当につもりでした。) そして、生理不順が続き、生理痛が重くなりました。元々生理痛は重い方でしたが、ベットから起き上がれないほど傷みと戦っていました。そしてついに嘔吐しました。 早朝、腹痛で目が覚め吐き気を感じトイレへ、もがく様なお腹の傷みに耐えながらただただ嘔吐が続き、初めは、食あたりかなと思っていましたが、その日に生理がきたことで生理痛だったのかと自分の身体に驚きました。 そして婦人科へ来院。


スポンサーリンク
検査の結果は子宮内膜症でした。 子宮内膜症は生理痛の傷みの原因でもあります。重い症状がある場合は一度病院で見てもらうのも良いでしょう。 それから、私の薬生活が始まりました。 まずは生理不順を整えること、そして重い生理痛を改善させること、何よりも、生活習慣を見直すことが一番大事でした。 会社は遅くとも19時には退社し帰宅する、帰宅したら、健康的な食生活をする、私は主に夜は納豆、朝起きて飲む豆乳は日常で実践していました。 身体に良い、ストレスに勝つ、免疫力を上げると言われていた食材はかかさず摂取していたかもしれません。 ストレスは、体を冷やします。
女性は冷え性の方が多いですが、私もその一人です。
終電で帰宅していた際は、お風呂に浸かろうとはせず、シャワーで済ませていました。
自分で冷え性と自覚しながらも、身体を温めることをしてなかったのです。 今振り替えると、どれほど身体を大事にしていなかったのかが分かります。 それ以来は必ずお風呂に浸かり、身体を温めます。温めることで血行が促進し、余分な老廃物も体外に出やすくなります。 うつ ストレス.jpg 何よりも、就寝しやすくなったかもしれません。ストレスも激減したかと思います。

身体を冷やすことがどれほどダメージを与えるか、冷えることで免疫力も落ちます、そして不摂生な食事を続けたことで、限界がきたのでしょう。

ストレスが減った事で、ゆとりを持てるようになりました。
ストレスによって受けた影響がこんなにも身体に害をもたらすとは、そして私自身健康な身体でいることを甘く考えていました。 健康な生活を送るということは、ストレスのない生活とも言えるでしょう。 現代では、ストレスのない社会を送ることは難しい世の中になっていますが、 いかに、自分の中で予防をし、発散できるかが鍵になってくるのではないのではないでしょうか。

ストレスとは、他人から受けるストレス、自ら作り出すストレスがあります。

周りにイライラしている人、怒っている人はいますか?もしくは、自分自身ですか?
自分の幸せを考える事で、周りも幸せになります。
ストレスを抱え込むなら、幸せに生きる方が何倍も、心と体には良いのですよ。
本日はうつ病とストレスについてお話させて頂きました。 有難うございました。


人気ブログランキングへ
いつもお読み頂きありがとうございます。

気分転換しましょう。旅行に行きませんか?













スポンサーリンク





共通テーマ:健康

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。