So-net無料ブログ作成
検索選択

楽しいってなに? [日々の日記]

こんにちは、りんです。

楽しいってなに?

楽しいって何だろう。
また最近、そんな事を考えるようになってしまって今の自分にため息がでます。



[スポンサーリンク]




何も考えずに過ごしたらいいのに、今の自分に満足していないからモヤモヤっと考え事をしてしまうのかなと思います。

生きていて、生活していて、楽しいと感じる心。

いつからか、笑う事を忘れてしまっている心。

心の底から大笑いしたのはいつだろう。

子供の頃は遊ぶ事に真剣で楽しい事に無我夢中にしがみついて生きていたような気がします。

今の自分はもっともっと努力しないといけない。
たまには一休みをしてもいいのに。



[スポンサーリンク]




心を楽にしたら、
笑えるようになるかな?

今のありのままの自分でもいいのかな。

人生はあっという間、あっという間に過ぎていくから、
自分を大事にして生きていかないと。

楽しいと感じられる人生を送れますように☆



人気ブログランキングへ
いつもお読み頂きありがとうございます。




[スポンサーリンク]




うつ病対策におすすめな事 [引きこもり]

こんにちは、りんです。

本日はうつ病対策におすすめな事についてお話ししたいと思います。

うつ病になるとうつ病を克服するには時間がかかります。
その為のうつ病対策はとても大事です。



[スポンサーリンク]




人によっては1年、5年と長い期間うつ病と戦う事になります。
うつ病は心の病気であり、治る期間は決まっていないのです。
風邪のように、薬を飲んでもう大丈夫だ、と言い切れないのがうつ病なのです。

うつ病になる前に対策ができるのであればうつ病になる前の対策をする事をおすすめします。
うつ病対策にはストレスを溜めない事、自分が楽しいと思う事や集中できる趣味をまずはやってみる事をおすすめします。少しでもストレスから離れる事が対策です。
うつ病は自分自身にストレスが溜まり、それを上手に発散できなくなってしまう事が原因と言われています。
うつ病になる原因はその他にも様々な要因がありますが、ストレスと上手に付き合っていく事が現代の世の中かもしれません。

うつ病対策まとめ。

気になるおケイコを手軽に検索「ケイコとマナブ.net」

ストレス発散に趣味や資格に集中するのをおすすめします。
説明会への予約申し込み、資料請求が簡単にできます。



溶岩ホットヨガスタジオララアーシャ

体が温かくなるので新陳代謝が良くなります。ストレス発散におすすめです。
首都圏6スタジオ運営全スタジオ駅から3分圏内でアメニティ、シャワールーム完備で通いやすいのも良いですね。



★女性専用!ホットヨガならLAVA★

150店舗以上を展開するホットヨガ専門スタジオです。



うつ病対策として体を動かす事が良いと言われていますが、運動が苦手な方はヨガやストレッチなどから始めてみるのをおすすめします。
気持ちが落ちている時、憂鬱な状況が続く時は要注意です。
うつ病対策の行動ができるうちにストレス発散をしましょう。
うつ病になりますと外出を控えるようになります。



[スポンサーリンク]




農園経営シミュレーションゲーム 【Big Farm】

うつ病対策にゲームでストレス発散もおすすめです。



たびらい旅行・ツアー予約

旅行でゆっくりするのもおすすめです。思いっきり楽しみましょう。



【日帰り温泉・遊び体験予約】旅の発見

思い立っての旅行で気分転換もおすすめです。



本を読むのも良いです。
☆うつ病対策におすすめの本をまとめてみました☆
うつ病の予防におすすめの本

うつ病対策はうつ病になる前にできる行動です。
うつ病になってしまうと体を動かす事さえ苦痛と感じてしまいます。
うつ病の原因とは、脳内の伝達物質セロトニン(喜びを感じる物質)が関係しており、セロトニンが不足する事によりうつ病を発症すると言われています。
うつ病対策としてはセロトニンの分泌を増やす事が対策ですので、自分の気持ちが幸せ、嬉しい、楽しいという感覚を日常で実感できる行動がおすすめです。

ストレスが溜まっていては喜びを感じる事ができないのです。
うつ病対策としては、ストレスを発散する事がとても大事です。

うつ病対策として、部屋の掃除をするのもおすすめです。
夢中になれる、集中できるからです。

運動に関しましては、冬ですと寒さから体を動かす事を避けてしまいますが、対策としては冬にこそできる楽しみを見つけて体を動かしましょう。
ヨガの他に岩盤浴もおすすめです。

個人的なうつ病対策としてのおすすめですが、一人カラオケをおすすめします。
自分だけの空間で歌いたい唄だけを歌い思う存分ストレス発散できます。
今では一人でカラオケに行くのも不思議ではありません。

楽しみたい事を楽しむ事がうつ病対策としておすすめです。

本日はうつ病対策におすすめな事についてお話しさせて頂きました。


人気ブログランキングへ
いつもお読み頂きありがとうございます。



[スポンサーリンク]




冬になるとうつ病になりやすい? [引きこもり]

こんにちは、りんです。

本日は冬になるとうつ病になりやすい?についてお話ししたいと思います。

冬になるとうつ病になりやすいと言われています。
冬になるとうつ症状があらわれる特徴を「冬季うつ病」と言います。
季節性ととても深く関係しているうつ病なのです。



[スポンサーリンク]




冬になると冬眠する動物がいるように、寒くなると人間も本能的に家の中で過ごす時間が増えます。
冬になると自然に活動範囲が減るのです。
冬になると活動範囲が減る理由は冬の寒さが関係しているのではないでしょうか。
寒いと、少しでも暖かい場所へ行こうと思うのが人間の心理であり、冬の寒さにより体を動かす範囲が減るのですね。
夏に比べると冬の方が家で過ごす時間が多いのではないでしょうか。

夏は太陽がサンサンとしていて日射量が多い季節です。
日が長いので外で過ごす時間も増えます。
夏は暖かくて天気も良いので、外に出掛ける意識も自然と芽生えます。
冬に比べると、夏は外で過ごしていて心地よいと感じやすいのではないかと思います。
暖かいので、活動しやすいのですね。
そして気持ち的にも、人は曇りより晴れを好む傾向がありますので、冬より夏が過ごしやすいのです。

冬季うつ病では、日射量不足が原因と明確的に言われています。
冬に比べると日射量にあたっている時間が夏のほうが断然に多いのです。
冬になると日が短くなる事から太陽の下で過ごす時間も減ります。
暗くなると人は自然に足が自宅に向くのです。
冬季うつ病はまさに季節性と関係しているのです。
また冬の寒さからなかなか布団から出られないなど、家の中で過ごす時間も増える事から、ますます日にあたる時間が減ります。

冬季うつ病の特徴。
秋から冬にかけて気分の落ち込みや、活動量の低下、睡眠時間が長くなるなど。
春になると自然とうつ状態から回復して元気になる。
季節性と関係しているのが冬季うつ病の特徴です。



[スポンサーリンク]




冬季うつ病の原因。
冬季うつ病の原因は、日射量不足と断定されています。
日射量不足によって脳内のセロトニンに影響を与えると言われています。
セロトニン:脳内神経伝達物質(脳内の神経間の情報伝達を担当する物質のひとつです)
日光は目に入ると、網膜を刺激し脳内に信号を送ります、それにより脳内のセロトニンが増えるのです。
晴れた日は気分が良いと感じませんか?
天気が良いと外出したくなるのは日光が気分を良くしてくれているからです。

そしてこのセロトニン不足がうつ病と関係していると言われている事から、冬は日射量不足により気分が落ち込みやすくなるのです。

冬季うつ病の対策。
冬のうつ病対策としては、毎日のリズムを壊さないで生活する事が良いのではないでしょうか。
日光にあたる事を意識して行動するのが良いかもしれません。朝早く起きて日光にあたる事が大事です、冬の朝の気温は二桁にとどかない寒さですが、起きてカーテンをあけて日の光を浴びる瞬間は心地よいと感じるはずです。

そして適度な運動をする事によりセロトニンが分泌されますので、冬になると気分が落ち込みやすい方は散歩をしてみるのも良いでしょう。
家の周りを歩くだけでも日光にあたるので、散歩をする事は寒い冬でも行動しやすいかもしれません。

冬季うつ病の対策のまとめ。
冬になると気分が落ち込みやすい方は、なるべく外出をして日光にあたる習慣をつける、適度な運動を心がけましょう。

冬季うつ病では、秋から冬にかけてうつ病になりやすくなります。春になり暖かい季節になれば元気が戻りますので、捉え方によっては冬の間は自分の休息時間として時間を有意義に使い、春から夏にかけて本来の調子に戻ると考えると少し気持ちも楽になるでしょう。

本日は冬になるとうつ病になりやすい?についてお話しさせて頂きました。

休む時はしっかりと、無理に頑張らない事が一番です。


人気ブログランキングへ
いつもお読み頂きありがとうございます。




[スポンサーリンク]




タグ: うつ病

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。