So-net無料ブログ作成
うつ病と女性ホルモンの関係 ブログトップ

うつ病とは違う?生理前のイライラや症状 [うつ病と女性ホルモンの関係]

こんにちは、りんです。

本日はうつ病とは違う?生理前のイライラや症状についてお話したいと思います。

生理前になると決まってイライラしてしまう、怒りっぽくなってしまう、そんな症状を経験された方はいませんか?

生理前のイライラ、いつもと違う、ちょっと攻撃的な気持ちになったりと、その行動にはしっかりと理由があるのです。



[スポンサーリンク]




なぜ生理前になるとイライラ症状が出てしまうのか?
それは女性ホルモンの影響を受けているからです。

女性はエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)の2つのホルモンを持っています。
これら2つのホルモンは女性の体にはなくてはならないホルモン、女性が妊娠をする為に体に生まれ持っているホルモンなのです。

エストロゲンが分泌されている時期は主に生理が終わった後です。
心も体もハッピーな気分の時です。
気持ちも高ぶり何をしても楽しいと感じるでしょう。

プロゲステロンが分泌されている時期は主に生理前から生理中にかけてです。
生理開始日から2週間前にかけてプロゲステロンが徐々に分泌されます。
この時期にイライラやにきび、体調不良を起こしやすくなります。
生理前のイライラ期に突入するのです。

頭痛や腹痛は薬を飲むと楽にはなるかもしれませんが、心の不調はどうにかなるものではありません。

生理前は、こんな事でイライラするの?といった事でも怒りやすくなっています。

イライラが止まらずむしゃくしゃする、あーっもう!とストレスを溜め込んでしまいます。

イライラしている時はホルモンに左右されていると感じて下さい。

自分の意志ではなくイライラしているのはホルモンに左右されている、そう思うと少なからずすっきりするかもしれません。

生理は女性にとって毎月のサイクルですので、上手にホルモンとお付き合いすると自分の体と向き合えるようになります。

自分に自信が持てない時は主にプロゲステロンが分泌されている時期でもあったりします。
生理前から生理中にかけては考え方がマイナスになったりもしますので、イライラしたり怒りっぽくなったりと、
うつ病を発症しやすい時期でもあります。
生理前や生理中は体が重く風邪を引いたかのように体調を崩す方もいらっしゃるかと思います。
生理前や生理中の症状はうつ病の症状と似ているのです。
イライラし、ストレスが溜まる、やる気が起きず、家に引きこもりがちになったりと、食欲が減ったり増えたりと、生理の症状は人により千差万別ですが、女性が痛みと戦っているのは事実です。

イライラやストレスから憂鬱な気持ちになりなかなか回復しない事もありますので、上手にホルモンと付き合っていきましょう。
イライラを解消する方法はありますがイライラを根本的になくす事はできません。
イライラは感情ですので、なくせないのなら感情を押し殺すしか方法はないのです。
感情を押し殺して生きていく事ほど苦しい事はありませんので、付き合っていきましょうね。

では「生理前のイライラと付き合うには」

①自分の生理サイクルを知る 
②イライラ時期を把握する
③イライラ時期に近寄らない

この3点を意識し行動するだけでイライラは抑えられると思います。

①自分の生理サイクルを知る
自身の生理の周期をご存じですか?
28日周期から39日周期が正常の周期と言われています。
まずは生理開始日、生理終了日を記録しましょう。
アプリを使うと管理しやすいです。

②イライラ時期を把握する
生理開始日を記録すると、体調が良くない時期も把握できるようになります。この日に生理がきて、この日に終わる、生理終了日から14日後が排卵日と言われていますので、排卵日以降から(生理開始日から2週間前)
心身共に不調がでてきますので、この時期にはイライラモードかな?などです。
イライラ時期を把握しておくと無理なく生活を考えられます。

③イライラ時期に近寄らない
イライラ時期はなるべく人に近寄らないと良いかもしれません。
些細な言動でイライラを受けてしまう、そんな時期でもあります。
イライラしたらストレスを溜め込みますので、無理なく穏やかに生理を向かえる為にも、イライラ時期はストレスを溜める行動は控えましょう。

以上この3点を意識し行動するだけで、格段と心が安定しやすくなります。
イライラも抑えられます。

もうすぐ生理がくるなぁと思った時は、心身共に無理をさせない事ですね。

イライラし始めたのなら、生理前だからイライラしてるんだなぁと思えるようになるでしょう。
思えたのなら、今日一日の過ごし方にも変化がでてくると思います。



[スポンサーリンク]




女性は男性に比べると、生まれてから様々な体の変化を経験します。
そして心と体の変動が大きくその分繊細です。
女性が痛みに強いと言われるのもこの為ですね。
毎月を通して考えてみますと、生理が重い方軽い方様々ですが痛みが全くない月はあるのでしょうか。
生理というサイクルの中でホルモンに影響されていますので、イライラしてしまうのも体の本能かもしれません。

実際、イライラしているのは事実です。
イライラしてしまうと止まらないなんて事はありませんか?
生理前のイライラは、自身が勝手にイライラしている、そんな気もします。
さっきまでは怒っていなかったのに、どうして急にイライラし始めているのか。
ホルモンに左右されているとしても、イライラしているのは事実です。
うつ病生理イライラ.jpg
生理前であっても日常生活でイライラする事は多々あると思います。
生活していて受けるイライラは、例えばですが、行列に横から割り込んできた、ぶつかってきて謝らないなど
相手から受けるイライラが多いと感じます。

全てがホルモンの原因とまでは言い切れないとは思いますが、イライラが過剰までに止まらない時はホルモンに左右されている事が多いかもしれません。

生理前のイライラを抑えるのに重要なのはイライラを受ける原因に触れない事です。
原因に触れなければ、自身でイライラを作らないで済みます。

このイライラはうつ病かも?ともし思ったのなら、自身の生理サイクルを知っておくと考え方も楽になります。
私自身は生理が重く、毎月生理前は体がとてもつらかったです。
その時は自分の生理サイクルを知らず、もうすぐ生理かな?と思うぐらいでした。
今思うとですが、生理前だからイライラしていたのかとうなづける部分が大きいです。
イライラが始まるとなぜか収まらず終始イライラモード、家族の些細な言動に反応をしムカッと頭にくる事が
何度もありました。
悪気がない言葉にもイライラし、自分でストレスを溜めているので周りは何も悪くないんですよね。
自分がこんなにも短気な性格だったのかと思うほどです。

それがホルモンに左右されていたとしても、イライラの発散をする事は大事なので、溜め込む前に
イライラのストレスを発散しましょう。
生理前のイライラは一瞬落ち着くと気がまぎれることが多いです。
あーイライラする・・・ま、いっかぁ。という感じではありますが、イライラした後は一息おいてみましょう。

生理前なので仕方がない、けどこんなにもイライラするものなの?と、私は思う時があります。
ですが自分の生理サイクルを意識しているので、明らかに普段のイライラとは違うと気づくのです。

生理は閉経するまで何十年と長く付き合う女性の体の持って生まれた運命です。
できればつらい思いは避けて生活していきたいです。
イライラする回数も減ると、心もハッピーな気分に近づきます。
そして痛みと戦っているのは自分だけではありません、生理痛を経験している女性は大多数います。

毎日を笑顔で過ごせますように。

本日はうつ病とは違う?生理前のイライラや症状についてお話しさせて頂きました。


人気ブログランキングへ
いつもお読み頂きありがとうございます。

気分転換しましょう。旅行に行きませんか?















[スポンサーリンク]





共通テーマ:健康

うつ病とストレス [うつ病と女性ホルモンの関係]

こんにちは、りんです。

本日はうつ病とストレスについてお話したいと思います。

本日は、主に私の体験談から、うつ病とストレスのお話をさせて頂きます。



スポンサーリンク




現代社会、ストレスを感じない世の中があるのでしょうか。ストレスとは、喜怒哀楽で例えると、怒哀の部分に当たるのではないでしょうか。

怒る時、哀しむ時、ストレスは感じませんか?
喜び、楽しさを感じる中でストレスを感じる事は少ないでしょう。 ストレスは自分にとってのマイナス要素です。 そのストレスが身体に与える影響は図りしれません。 ストレスは、人間の持っている免疫力でさえ壊してしまいます。 ストレスや睡眠不足、過労が続くと人の身体には疲労物質が溜まり抵抗力が衰えます。 身体が疲れていますよ、休みましょうとサインを教えてくれているわけです。 そのサインをほっておくと、ストレスを溜め込み身体を壊すきっかけとなります。 ストレスは、身体の免疫力が落とし、風邪を引きやすくなるなど、又完治もしずらくなります。 その時の私は体中に痛みを感じていました。 それがストレスの原因とは一概には言えませんが、免疫力が低下し身体が疲れているサインを出していたのは間違いないでしょう。 毎日終電帰りの仕事の量に睡眠不足が続き、夜御飯も食べないで就寝することもしばしば、特に運動をするという事もなく、ストレスを発散するきっかけを作っていませんでした。
ストレスと共にただ過ぎる日常を送っていただけでした。
風邪も引きやすくなり、何度も熱をだしていました。
知らず知らずの内にストレスが身体を蝕ばんでいたんですね。 当の本人はというと、なぜこんなにも風邪を引くのだろうと思うだけで、自分の身体を全く労っていませんでした。
健康な生活を送っているつもりでもいました(本当につもりでした。) そして、生理不順が続き、生理痛が重くなりました。元々生理痛は重い方でしたが、ベットから起き上がれないほど傷みと戦っていました。そしてついに嘔吐しました。 早朝、腹痛で目が覚め吐き気を感じトイレへ、もがく様なお腹の傷みに耐えながらただただ嘔吐が続き、初めは、食あたりかなと思っていましたが、その日に生理がきたことで生理痛だったのかと自分の身体に驚きました。 そして婦人科へ来院。


スポンサーリンク
検査の結果は子宮内膜症でした。 子宮内膜症は生理痛の傷みの原因でもあります。重い症状がある場合は一度病院で見てもらうのも良いでしょう。 それから、私の薬生活が始まりました。 まずは生理不順を整えること、そして重い生理痛を改善させること、何よりも、生活習慣を見直すことが一番大事でした。 会社は遅くとも19時には退社し帰宅する、帰宅したら、健康的な食生活をする、私は主に夜は納豆、朝起きて飲む豆乳は日常で実践していました。 身体に良い、ストレスに勝つ、免疫力を上げると言われていた食材はかかさず摂取していたかもしれません。 ストレスは、体を冷やします。
女性は冷え性の方が多いですが、私もその一人です。
終電で帰宅していた際は、お風呂に浸かろうとはせず、シャワーで済ませていました。
自分で冷え性と自覚しながらも、身体を温めることをしてなかったのです。 今振り替えると、どれほど身体を大事にしていなかったのかが分かります。 それ以来は必ずお風呂に浸かり、身体を温めます。温めることで血行が促進し、余分な老廃物も体外に出やすくなります。 うつ ストレス.jpg 何よりも、就寝しやすくなったかもしれません。ストレスも激減したかと思います。

身体を冷やすことがどれほどダメージを与えるか、冷えることで免疫力も落ちます、そして不摂生な食事を続けたことで、限界がきたのでしょう。

ストレスが減った事で、ゆとりを持てるようになりました。
ストレスによって受けた影響がこんなにも身体に害をもたらすとは、そして私自身健康な身体でいることを甘く考えていました。 健康な生活を送るということは、ストレスのない生活とも言えるでしょう。 現代では、ストレスのない社会を送ることは難しい世の中になっていますが、 いかに、自分の中で予防をし、発散できるかが鍵になってくるのではないのではないでしょうか。

ストレスとは、他人から受けるストレス、自ら作り出すストレスがあります。

周りにイライラしている人、怒っている人はいますか?もしくは、自分自身ですか?
自分の幸せを考える事で、周りも幸せになります。
ストレスを抱え込むなら、幸せに生きる方が何倍も、心と体には良いのですよ。
本日はうつ病とストレスについてお話させて頂きました。 有難うございました。


人気ブログランキングへ
いつもお読み頂きありがとうございます。

気分転換しましょう。旅行に行きませんか?













スポンサーリンク





共通テーマ:健康

うつ病と生理痛、痛みを我慢しないで!PMS(月経前症候群) [うつ病と女性ホルモンの関係]

こんにちは、りんです。

本日はうつ病と生理痛、PMS(月経前症候群)痛みに悩んでいませんか?についてお話しさせて頂きたいと思います。

うつ病とPMSは似ていると言われています。

うつ病もPMSもストレスにより重い症状を引き起こし、体を酷使する事により、不調をきたすと言われています。又、心に関わる症状もたいへん似ています。



スポンサーリンク





生理は女性にとっての永遠のテーマでもあります。

初経が来てから閉経まで、約40年生理とお付き合いをすると言われています。

生理には生理痛が伴いますが、生理痛の痛みは大から小までそれぞれと言われています。全く痛みを感じない方もいれば、頭痛に腹痛に激しい生理痛を感じる方もいます。

生理痛が重い方にとっては、40年の間、その痛みと戦い続けるのです。

月に一度の生理は、女性の体にどれほど影響があるのでしょう。

生理前になると、食欲が増しなぜかイライラが止まらないといった症状はありませんか?

生理がくる2週間前に心と体に様々な不調が現われ始めます。
生理前の不調を月経前症候群(PMS)と呼ばれています。

PMSの症状は体の症状から心の症状まで多岐に渡り、体の症状としては、食欲が増す、
体がむくみやすくなる、頭痛、腹痛、にきびなど。
心の症状としては、イライラする、悲しくなる、不安になる、憂うつになる、些細な事で怒りっぽくなるなど。

女性はホルモンによりいかに心と体が左右されているのかが分かると思います。

PMSの症状は生理がくると落ち着きますので、その間、PMSの症状を和らげる為に薬や漢方薬を服用したり、体を温めたり、PMSが重い方は自分なりの対策をしている方も多くいると思います。

PMSの症状が重くなる理由については、ストレスや生活習慣が関与されていると言われています。

夜遅い食事や睡眠不足、体を冷やす行為や、仕事の長稼働など、不規則な生活を続ける事によりホルモンのバランス崩れ心と体に不調が出ます。

PMSが重くなる最大の理由としては体の冷えが重要視されています。
冷えにより自律神経が乱れるからです。

自律神経は体の温度調整やホルモンの分泌を促したりと、体の各機能を調整してくれていますが、冷える事により機能が働かなくなります。

冷え症は女性に多いですが、女性は男性に比べると筋肉量が少ない事が言えます。筋肉が動く事により体は熱を持ちますが、無理なダイエットの継続や、接種エネルギーを制限するなどして筋肉の代謝を下げてしまいます。冷えを伴うと血行が悪くなりますので、食事制限などをする事でさらに体の循環が悪くなるのです。

冷えにより体の自律神経が乱れホルモンのバランスが悪くなり子宮に影響が出るのです。

うつ病と生理.jpg

PMSの場合、月一度の心と体の痛みと戦わなければなりません。

PMSの症状に耐えられなくなり、一日中布団の中で過ごす事もあります。
腹痛や頭痛といった痛みには薬を服用する事で改善しますが、心の病を治すには時間がかかります。

今は生理前でホルモンにより心が乱れているんだと気持ちで思えるなら、憂うつな気持ちは生まれないでしょう。

もし、私はうつ病かなと感じたなら、PMSの影響も考えてみて下さい。

月の内に心の気分の差があるのなら、PMSが原因で心と体の機能が上手に働いていないかもしれません。

生理に関しては、PMSの症状が軽くなれば心も体もハッピーになるでしょう。

うつ病の場合、心の病を完治するのに時間がかかります。




スポンサーリンク





PMSのように月一度の症状を和らげるのではなく、うつ病は長期間により症状を伴います。

うつ病かなと思ったらPMSが原因だったと言う事もあります。

うつ病とPMSの症状の比較として下記に挙げておきます。

〈うつ病の場合》
・心の不安定さが慢性的に続く
・眠れないなどの睡眠障害
・食欲が減少する
・物事に対する意欲の減少

〈PMSの場合〉
・生理前の2週間に心の不安定さが見られる(期間がある)
・食欲が増す
・強い眠気
・生理がくると症状がなくなる

うつ病の場合慢性的に症状を伴いますが、PMSの場合生理前の数日間のみ症状が伴う部分で異なります。
月一度の症状が緩和できれば、仕事も私生活も快適に過ごせる女性も多いのではないでしょうか。

症状を緩和する事は無理ではありません。
月一度の苦しみから逃れましょう。

うつ病と生理.jpg

PMSの症状を緩和する為の対策をしましょう。
体を冷やさない事、生理がくる数日前は心と体にゆとりを持ってあげる事。
医療機関を訪ねても良いのです。
PMSの症状と分かれば、漢方を提案してくれる先生もいるでしょう。

漢方は効果が表れるのに時間がかかりますが、自律神経の乱れを整えてくれるのに良いです。

本日はうつ病と生理痛、PMS(月経前症候群)痛みに悩んでいませんか?についてお話しさせて頂きました。
お読み頂き有難うございました。

PMSの症状は改善しない限り毎月やってきます。
自分へのご褒美と考えて自分を大事にする事。ホルモンバランスの乱れによる影響は子宮にとても強いストレスを与えている事を考えてみて下さい。

女性は命を授かる大切な体です。無理をせず、自分に素直に生きましょう。

☆イライラ時期の自分との付き合い方☆
うつ病とは違う?生理前のイライラや症状

☆市販で買えるオススめ漢方☆
桂枝茯苓丸(ケイシブクリョウガン)
ニキビ・シミにも効くようですが、私は生理前のPMS緩和の為に服用してます。
約1年半ピルを服用していた時期もありましたが、副作用の事も考えて今は漢方薬のみです。
初めは病院でもらっていたのですが、引越しを機に病院に行かなくなり市販で買うようになりました。
1年ほど服用してますが、PMS時の痛みは鎮痛剤を飲まなくても過ごせる日が多くなりました。
ニキビは生理前に突如フェイスラインにできる事がありましたが、漢方薬を飲むのと飲まないのではやはり違うなぁと思います。
PMSや生理時の痛みが重い方は試してみるのをオススめします。

【第2類医薬品】ペア 漢方エキス錠(240錠)【ペア】[桂枝茯苓丸]爽快ドラッグ楽天市場
【第2類医薬品】ペア 漢方エキス錠(112錠)【ペア】[桂枝茯苓丸]くすりのインディアン楽天市場

楽天市場






人気ブログランキングへ
いつもお読み頂きありがとうございます。



スポンサーリンク






共通テーマ:健康
うつ病と女性ホルモンの関係 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。